健康と元気をあなたへ

ご挨拶

練馬桜台クリニックは、「総合内科かかりつけ医」の機能に加え、「透析医療を専門」に行うクリニック として、最新・最善の医療を提供することを目的に設立いたしました。

「腎不全」といわれたときのショックは大きく、かつ長期にわたります。このようなことを避けるため、慢性腎臓病の皆様を何とか透析しなくても済むような治療を積極的に行っています。また、私たちは、透析を受けている患者様の思いを受け止め、 苦痛をできる限り取り除き、もっともっと元気に、もっともっと健康になっていただくための医療を行っています。

超高齢化にともない、透析患者数は総人口減少の中でも増加しています。このため、保険財政の締めつけも厳しさを増してきています。また、透析期間の長期化のための合併症増加、透析導入患者様の高齢化、糖尿病性腎症の合併症の増加など、対処していく課題は複雑化し増えているのが現状です。しかし、どのような状況になっても、私たちは、慢性腎不全医療の理想を実現すべく、すべてをささげていきたいと思っています。

私たち医療専門スタッフとともに、快適で健康な透析ライフを実現していきましょう。

ご挨拶 練馬桜台クリニック 院長 永野 正史

院長略歴

1985年 国立佐賀医科大学卒業
1985〜1992年 三井記念病院内科腎センター勤務
1992〜2000年 敬愛病院勤務(1996~2000年 副院長)
2000〜2002年 敬愛病院非常勤(内科・透析室)この間、電子カルテの開発に取り組む
2003年2月〜 練馬桜台クリニック開業(開発した電子カルテを活用)