ビタミンC点滴療法とは
Vitamin-C Infusion Therapy

ビタミンC点滴療法の歴史

ビタミンC点滴療法の歴史
ライナス・カール・ポーリング
1901年-1994年

1970年代

ビタミンCの投与が末期進行がんの患者の生存期間を4.2倍から6倍も延長することが医学誌に発表された。

2005年

米国の国立健康研究所、国立がん研究所、国立食品医薬品局の科学者たちが「高濃度のビタミンCはがん細胞を殺す」という共同論文をアメリカ科学アカデミー紀要誌に発表した。これを契機に、米国の大学病院を中心に高濃度ビタミンC点滴療法ががんの補助療法として研究と普及が始まった。

2007年

日本でも徐々にがん治療の選択肢として導入されるようになった。現在では米国、カナダ、日本などの大学病院で、がん患者を対象にした高濃度ビタミンC点滴療法の臨床試験が30以上も進められ、論文も数多く発表されている。

ビタミンC点滴療法に関する資料閲覧登録について

当院は、ビタミン C 点滴療法の情報を、個人情報を登録された患者様に開示しております。

  • 院長による動画解説
  • 概要
  • 適応となる疾患
  • ビタミンC 点滴療法の副作用
  • 費用